3万円を包むご祝儀袋

結婚式のマナー

結婚式のご祝儀3万円を包む祝儀袋の選び方・入れ方・書き方を詳しく解説します!

更新日:

披露宴に出席した際、受付に必ず持っていくのが「ご祝儀」です。
お祝いの気持ちを形にするわけですがらご祝儀袋ひとつとっても、色々な種類がありますよね。

今回は、特に3万円を包む場合のご祝儀袋についての知識を勉強していきましょう!

 


ご祝儀袋の種類は水引の種類が大事

3万円を包むご祝儀袋

ご祝儀の金額によってもご祝儀袋の柄や色を変えるべき!という話もありますが、金額が3万円なら平均的な金額ですから、シンプル過ぎず少しくらい豪華なご祝儀袋でも失礼には当たりません。
大きなご祝儀袋に入れてしまうなど、あまりにゴージャス過ぎるご祝儀袋は避けたいところですが…。

そして、ご祝儀と一口に言っても出産祝いだったり入学祝いだったり色々です。

ご祝儀袋もシーンに合わせて使い分ける必要がありますよ。
これを読んでいる方は、結婚祝いでのご祝儀袋をお探しでしょうから、結び切りと呼ばれる水引のついたご祝儀袋を選びましょう

 

水引ってなに?

細く切った紙をひも状にして固めたものを複数本結んだ、日本で贈答品に多く用いられる工芸品。

水引の色や結び方により用途が大きく異なるので注意が必要です。
例…婚礼に関する場合は10本等

 

結び切りは、一度結んだ水引がほどけることがないという特徴があります。
結婚という縁が結ばれたお祝いですから、結び目がほどけないものでないと「何度でもやり直せる」ような意味合いにもなり結婚という場では失礼になる、ということですね。

ご祝儀袋の水引の選び方

水引の端が上を向いているのも大切なポイントです。
お祝いの時には上向きの水引を選ぶという風に覚えると覚えやすいですよ(片側が下を向いている場合もありますがそれは問題ありません)。

結婚式のご祝儀袋には必ず熨斗のついた物を選ぼう

 

ご祝儀袋には必ず熨斗(のし)の付いた物を選びましょうね。

 


ご祝儀袋への筆記用具は筆ペンか毛筆で

ご祝儀袋の上包みへの表書きは、書きやすい筆ペンが便利です。
上包みも中袋もボールペンで記入するのはマナー違反なので、必ず濃い筆ペンか毛筆で書きましょう。
薄い筆ペンは弔事用ですから、絶対に使ってはいけませんのでご注意を。

表書きに書く文字は水引の結び目中央付近に書くのですが、水引の上側には寿もしくは御結婚御祝御祝と記入し4文字になることは避けます。一番一般的なのは寿です。

寿や御祝等の文字が最初から入っている物も販売されていますよね。

結婚式のご祝儀袋の書き方

水引の下側には、寿や御祝の文字より小さめに名前をフルネームで記入しましょう。

ご祝儀袋に名まえを書くための短冊が付いている場合がありますが、短冊が2枚付いている場合、書き損じをした場合の予備として使うか、書き損じをしなかった場合は2枚重ねておきましょう。
二重の慶びを表現するという意味合いになります。

短冊は1枚だけを付けてもOKですし、2枚を重ねて付けてもOKです。この辺りは地域によっても違う場合がありますので一概には言えませんが、ご心配であればご両親等に確認をしてみてくださいね。

上包みの包み方ですが、上側をまずは折り、最期に下側を上に向けるように畳んで水引を付けましょう。閉じる時は下からの折り目を一番上にすることで幸せを受け止めて逃さないこぼれ落ちることがないといった意味合いで覚えておきましょう!

結婚式のご祝儀袋上包みの包み方

 


ご祝儀袋は中袋(内包み)のある物を選びましょう

結婚式に限らず、お金を相手に渡す際にお金が見える状態で渡してしまうのはマナー違反。

披露宴での受付でお金を裸の状態で渡したりはしませんよね?
喩えは少し違うかもしれませんが、おひねりも紙などに包んで渡したりするものですよね。

中袋があることで、ご祝儀袋(上包み)を開けた時に裸でお金を見せることを防げますし、誰からのご祝儀か分かりやすくする目的もあります。
中袋には糊付けは不要ですが、入っている金額を記載して開けなくても中身が分かるように配慮しましょう。

お金を実際に包む中袋への記入は、表面と裏面に行います

表面には入っている金額を旧漢字で記入します。

 一万円なら  金 壱萬円
 二万円なら  金 弐萬円
 三万円なら  金 参萬円
 五万円なら  金 伍萬円
 十万円なら  金 拾萬円

裏面には氏名と住所を記入します。

結婚式のご祝儀袋の中袋への記入

結婚式に招待されている場合は、招待状を送っていますから住所は分かっているはずですが、結婚式と披露宴が終わってからも新郎新婦はとても忙しいものです。
住所もきちんと書いておくことで、新郎新婦の手間を減らすこともできるはずですから、住所は書いておきましょう。

 

ご祝儀袋の色は何がいい?

結婚式のご祝儀袋の色

最近のご祝儀袋は色も豊富です。

色選びにも迷ってしまいますが、新郎側の出席者であればシンプルな物で、白か水色や緑系のような色合いが良いでしょう。ピンクのような可愛い色合いを選んでしまうとちょっとおかしいですよね。

逆に、新婦側の出席者であればピンクや赤など華やかな色合いの物が良いでしょう。
かわいいご祝儀袋もたくさん販売されているので、新婦側の出席者の方がご祝儀袋を選ぶ楽しさがあるかもしれませんね。

新郎新婦どちら側にせよ、友人ではなく会社の関係者である等の間柄の場合は、白いご祝儀袋を選ぶのが無難です。

新郎新婦の年齢やあなたの年齢を加味した上で、年齢に合ったご祝儀袋を選ぶのもマナーですから気を付けたいですね。

 

絶対にお金の向きは全て揃えましょう

お札は新札を用意して入れますが、お札の向きも大切です。

お札を入れる時の注意

  • 表裏が逆になっていないか?
  • 向きがバラバラになっていない?
  • 上下が逆になっていないか?

を注意してご祝儀袋に入れましょう。

結婚式のご祝儀袋中袋へのお金の入れ方

お札の表裏は、人物が印刷されている方が表になります。
お札の上下は、人物を上にして開けた時に人物が先に見えるように入れましょう。

 

代筆サービスを利用するのもアリ!

楽天市場で調べてみると、風呂敷で出来たご祝儀袋も販売されていました。
最近では、ただの紙のご祝儀袋ではなく、頂いたご祝儀袋を結婚式が終わってから風呂敷として活用出来るような物も販売されているんですね。これはいいアイデアだと思います。

もらった方も嬉しいですし、贈った方もその後の生活に役立ててもらえるというのは嬉しいですよね。

 

名前も書いてくれるサービスを行っているお店もあるので、字に自信のない方はこんなサービスを選ぶのもいいかもしれませんね。

そして最後になりましたが、ご祝儀袋を手に持ったまま渡したり、スーツのポケット等から出したりするのもマナーが良くないので注意しましょう。

袱紗(ふくさ)と呼ばれる進物を包むための絹布に包んで持っていくのが一番上品です。(お祝い事の場合は、暖色系の袱紗を選んでください。)

これはご祝儀袋が汚れたり、水引が折れたりシワになったりしないようにするための物ですが、袱紗に包む事で礼節を重んじ喜びを共にする、という意味合いがあります。

ここでも、お金(ご祝儀)は裸で渡してはいけないというマナーを忘れずにいたいですね。

種類や色も含めて、ご祝儀袋の選び方の参考にしてみてくださいね!

あなたにオススメ

結婚式場選びはブライダルフェアを使う! 1

こんにちは。はっぴーです。 ブライダルフェアには行かないと絶対損だということは以前お話しました。 近くの結婚式場はブライ ...

妊婦さんも新婚旅行に行った方がいい理由 2

妊娠中の妊婦のみなさん、おめでとうございます! 授かり婚では、結婚式の会場を決めたりプログラムを考えるのが忙しくてなかな ...

スーツでの結婚式や披露宴におすすめの薄型財布 3

結婚式や披露宴ではスーツを着ますが、荷物は極力減らしたいものです。 でも、もしもの時のために財布は必要ですよね。 普段使 ...

-結婚式のマナー
-, , ,

Copyright© 結婚式のミカタ , 2018 AllRights Reserved.